大学受験に役立つ勉強法の極意

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
お子様の大学受験に心配はありませんか?「信じてるから大丈夫」「うちの子はやればできる」とお考えかも知れませんが、合格に大事なのは、学習時間・記憶力・忍耐力などではなく、正しい勉強法です。これを知らないといくら努力しても結果が付いてこないという悪循環が起こります。

難関試験に潜む3つの罠

お子さんを襲う難関試験に潜む『3つの罠』

ほとんどの受験生は試験が難関であればあるほど、完璧な知識が必要であると考えてしまいます。

1の罠…「もっと良い点数をとりたい」
2の罠…「難しい試験だから難しい問題が出る」
3の罠…「絶対に合格しなければいけない!」

一般的に考えて当たり前に働くこの3つの意識が、実は勉強の能率を大幅に引き下げています。

完璧を求めすぎてしまう、それがデメリットになってしまっているんですね。

そして莫大な時間と忍耐を必要とするにも関わらず、多くの場合結果は出ません…

ところが、時間も忍耐も必要とせず、最低限の準備だけで、どんな難関試験でも簡単に突破する方法があります。

 1.期日を定めある事を集中的に実践する
   ほぼ確実に計画が狂わなくなる仕掛けがここにあります。

 2.出題範囲の問題を短期間でマスターする
   見落としがちな事なのですが、出題者は完璧な勉強内容など求めていません。
   それを逆手にとった短期間マスター法を使用します。

この2つが私の勉強法の基盤になります。

「何から手をつけていいかわからない」と言う場合は、まずはこの2点を集中して取り組んで頂ければと思います。

これだけで勉強の能率は何倍にもハネ上がります。

もちろんこれだけではありません。

私がお伝えしたい内容はこの他にもまだまだあります。

ライバルに差をつける大学受験に役立つ勉強法の極意の詳細はこちら

MENU

大学受験とは?

試験方法

センター試験