大学受験に役立つ勉強法の極意

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
お子様の大学受験に心配はありませんか?「信じてるから大丈夫」「うちの子はやればできる」とお考えかも知れませんが、合格に大事なのは、学習時間・記憶力・忍耐力などではなく、正しい勉強法です。これを知らないといくら努力しても結果が付いてこないという悪循環が起こります。

完璧を目指して失敗しました

「勉強は単純にやればやるだけ良い」 訳では決してありません

「もしかすると…こういう事なのだろうか…」
「もしこれが正しいなら私は今まで物凄く損をしていたかも知れない…」

この時こそ、逆転合格を決定ずける『ある勉強法』に 辿り着いた瞬間でした。

そこからは 合格へのシナリオが一気に加速をつけて動き出したのです。

思い出してみて下さい。あなたの学生時代、頭の良い同級生には2通りいませんでしたか?

 1・「勉強命!」を絵に描いた様なガリ勉タイプの同級生と、
 2・お洒落もするし、友達とも頻繁に遊んでいるイマドキタイプ、なのに秀才の同級生。

少なくとも2に該当する人は私が辿り着いた『ある勉強法』を先天的にマスターしており、おそらくそれを実践している事が考えられます。

ともあれ私は、高校時代から色々な本を大量に読み漁っていたおかげで、そこからヒントを見出し、『ある勉強法』への思考を切り拓くことができたのです。

もちろんその後の東京大学の受験は余裕をもって合格する事ができました。

そう…確実に。

逆転の思考から生まれた『ある勉強法』によって、私は合格通知を勝ち取りました。

「やはり間違いではなかった…」

合格した瞬間にやっと確信を得る事ができました。

そしてこの確信が、その後の勉強スタイルを180度覆すきっかけとなりました。

なぜならこの思考法によると「勉強は単にやればやるだけ良い」は間違いになるからです。

詰め込み型の勉強をし続けていた私にとって、最初は実践するのが怖いという思いも確かにありましたが、他でもない私自身が実践し結果を残した今、最も大切な事だと自信を持って言えます。

ですので繰り返しますが、「勉強は単純にやればやるだけ良い」 訳では決してありません。

ライバルに差をつける大学受験に役立つ勉強法の極意の詳細はこちら

MENU

大学受験とは?

試験方法

センター試験