大学受験に役立つ勉強法の極意

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
お子様の大学受験に心配はありませんか?「信じてるから大丈夫」「うちの子はやればできる」とお考えかも知れませんが、合格に大事なのは、学習時間・記憶力・忍耐力などではなく、正しい勉強法です。これを知らないといくら努力しても結果が付いてこないという悪循環が起こります。

試験方法(推薦入試)

フリー百科事典ウィキペディア『大学受験』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/大学受験

推薦入学(すいせんにゅうがく)とは、主に大学や高校が学生を募集する際に、出身校からの推薦を受けた学生を選抜して入学させることである。選抜の基準は、学業やスポーツ、芸術分野など大学・高校が要求する特定分野の成績、調査書等で判断される。近年は自己推薦、社会人推薦など出身校の枠や現役・浪人(卒業時期)の別を問わないなど推薦入学の形態も変化しつつある。北陸大学のように国内の全高校を推薦入試指定校にしたり(全高校を推薦指定校に 2007年1月11日 読売新聞)、立命館アジア太平洋大学のように予備校(早稲田塾)に推薦入試枠を与える事例(予備校に推薦枠 2006年7月5日 読売新聞)も見られる。

従来は私立学校で多く行われており国公立校での実施例のほとんどは大学のものであったが、近年では公立高校などでも増加している。

メリット

学校側
過去においては、意欲のある優秀な学生を早期に囲い込むことが主眼であったが、近年は学生数の急減を受けて入学者の半分以上を推薦入学枠で固めるなど、定員確保のために使う学校も増えている。また大学側は往々にして認めはしないが、昔(あるいは現在も)難関大学と呼ばれていた大学においては各種推薦により一般入試枠を減らすことにより学力偏差値を高水準に維持しようという偏差値操作の目論見も見うけられる。

学生側
通常の入学試験で課せられる試験科目が軽減、もしくは免除されることが多く、通常の入試時期よりも早い段階で合否判定が行われることから受験の負担が軽減される。

デメリット

学校側
必要な基礎学力を十分身につけていない学生が入学してきた場合、これを教育しなくてはならない。そのような事態が生じる要因として、調査書などにより一定水準は担保されることになってはいるものの、評価基準は出身校ごとに異なるために学力のギャップが生じることが考えられる。推薦入試でも独自の学力試験を課し、合否判定資料のひとつとして用いることもあるが、試験内容は一般入試と比べれば、極めて平易なものであることが多い。それらは特にスポーツ推薦入試に多くみられ、私立大学や一部の私立高校ではプロチームの入団テスト同然になっていることが多い。よって、学力低下の要因であるとの指摘もある。なお、推薦入試は早期に合格が出るため、一般入試受験生が精神的に負担に感じることもある。

学生側
特に指定校推薦の場合、合格したら入学を確約しなければならず、早期合格とは引き換えに「チャレンジ校」への受験・合格機会を手放すことを強いられる。また、出身校は将来的にも推薦枠を確保したがるので、推薦入試で入学した場合、中退・転学などがしにくくなる。さらに公立大学の場合、指定校推薦がそれぞれの大学がある地元の高校に通っている生徒を優遇すると定められていることが多く、もしその生徒が合格すると、地元人材育成の観点から地元以外の企業への就職が難しくなる。全体では成績不振になった場合、公立大学では指定校制度で合格したのに、地元以外の企業に就職した場合やその意思を示した場合は、将来の推薦枠を返上しなくてはならない可能性がある。

一般入試

一般入試では、原則的にセンター試験の受験が必須である。センター試験は、5教科7科目(文科系学部では外国語・国語・数学(1)・数学(2)・地理歴史および公民から2科目・理科、理科系学部では外国語・国語・数学(1)・数学(2)・地理歴史および公民・理科2科目)が課される場合が多い。同時に、大学(学部、学科)が独自に作成した個別学力検査等(二次試験とも呼ばれる。)が実施される。このセンター試験と個別学力検査等の合計点によって、合格者が決定される。センター試験と個別学力検査等の配点比率は、大学や学部によって大きく異なる。個別学力検査等の内容は大学や学部によって異なり、一般的な学力はセンター試験で検査できるとして個別学力検査等の内容として小論文や面接などを課す大学も多く見られる。なかには、個別学力検査等を行わず、センター試験のみによって合否を決定する学部や学科も見られる。

一般入試を更に詳しく

AO入試

AO入試(エーオーにゅうし、アドミッションズ・オフィス入試)は、出願者自身の人物像を学校側の求める学生像(アドミッション・ポリシー)と照らし合わせて合否を決める入試方法である。A.O.(Admissions Office)とは「入学管理局」の意。

1990年(平成2年)慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパス(SFC2学部)が、他に先駆けて導入した。学科試験の結果で合否が決まる一般入試とは異なり、志望理由書、面接、小論文などにより出願者の個性や適性に対して多面的な評価を行い合格者を選抜する。

AO入試を更に詳しく

ライバルに差をつける大学受験に役立つ勉強法の極意の詳細はこちら

MENU

大学受験とは?

試験方法

センター試験