大学受験に役立つ勉強法の極意

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
お子様の大学受験に心配はありませんか?「信じてるから大丈夫」「うちの子はやればできる」とお考えかも知れませんが、合格に大事なのは、学習時間・記憶力・忍耐力などではなく、正しい勉強法です。これを知らないといくら努力しても結果が付いてこないという悪循環が起こります。

試験方法(AO入試)

フリー百科事典ウィキペディア『大学受験』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/大学受験

動: 案内, 検索 AO入試(エーオーにゅうし、アドミッションズ・オフィス入試)は、出願者自身の人物像を学校側の求める学生像(アドミッション・ポリシー)と照らし合わせて合否を決める入試方法である。A.O.(Admissions Office)とは「入学管理局」の意。

1990年(平成2年)慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパス(SFC2学部)が、他に先駆けて導入した。学科試験の結果で合否が決まる一般入試とは異なり、志望理由書、面接、小論文などにより出願者の個性や適性に対して多面的な評価を行い合格者を選抜する。

同様の選抜方式が一律にAO入試と称されている訳ではなく、自己推薦入試(AO入試とは別に自己推薦入試という名前の入試が存在する大学もある)、公募推薦入試、一芸入試等、各学校、各課により名称は様々である。

一部の学部(主に医学部・歯学部・薬学部等)においては、大学入試センター試験または大学独自の個別筆記試験を受験しその点数も基準に含める大学がほとんどである。 ただし、AO入試はあくまでも点数よりも人物を重視する入試であるので、点数は合格するための最低条件である大学が多い。例えば長崎大学医学部医学科の2012年度AO入試では、センター試験で80%以上の点数を取っていなければ合否の選抜対象に入らない。逆に考えれば、得点が人物的に優れている得点率81%の受験生が合格し、90%の受験生が不合格になる、といったケースも理論上はありえることになる。 逆にセンター試験の点数重視の大学は、募集要項に明記してある場合がほとんどである。

「中教審(中央教育審議会)」の場で、「AO・推薦入試」が、「大学生の学力低下につながっている」と危惧する声があり、学力を担保するために、新たに設ける学力試験「高大接続テスト(仮称)」を実施すべき[1][2]との検討がなされるに至っている。

一方、AO入試で入学した学生の方が、一般入試で入学した学生よりも学力が優れているという報告もある。例えば慶應義塾大学の湘南藤沢キャンパスでは、「AO入試の導入以降、一貫してAO入学者のGPA換算の成績(平均値)が一般入試による入学者よりも高い。」、また、早稲田大学においても、「AO入試による入学者の入学後の学業成績が、一般入試による入学者よりも良好。」という報告書を発表している。[3] しかし、多くの私立大学においてAO入試が、学校経営安定の為の入学者の早期確保の手段となってしまっているという指摘がある。旧来型の推薦入試では出願が11月以降という決まりがあるが、AO入試にはこの規制がないため、夏休み前に合格者を出しているケースも少なくない[4][5]。一方で、入学までに空白期間が生じることを利用し、「入学前教育」を実施している大学が多く出てきている。ベネッセが2005年度にAO入試を実施した大学を対象に調査したところ、74%の大学が入学前教育を行っていた[6]。

一般入試

一般入試では、原則的にセンター試験の受験が必須である。センター試験は、5教科7科目(文科系学部では外国語・国語・数学(1)・数学(2)・地理歴史および公民から2科目・理科、理科系学部では外国語・国語・数学(1)・数学(2)・地理歴史および公民・理科2科目)が課される場合が多い。同時に、大学(学部、学科)が独自に作成した個別学力検査等(二次試験とも呼ばれる。)が実施される。このセンター試験と個別学力検査等の合計点によって、合格者が決定される。センター試験と個別学力検査等の配点比率は、大学や学部によって大きく異なる。個別学力検査等の内容は大学や学部によって異なり、一般的な学力はセンター試験で検査できるとして個別学力検査等の内容として小論文や面接などを課す大学も多く見られる。なかには、個別学力検査等を行わず、センター試験のみによって合否を決定する学部や学科も見られる。

一般入試を更に詳しく

推薦入試

推薦入学(すいせんにゅうがく)とは、主に大学や高校が学生を募集する際に、出身校からの推薦を受けた学生を選抜して入学させることである。選抜の基準は、学業やスポーツ、芸術分野など大学・高校が要求する特定分野の成績、調査書等で判断される。近年は自己推薦、社会人推薦など出身校の枠や現役・浪人(卒業時期)の別を問わないなど推薦入学の形態も変化しつつある。北陸大学のように国内の全高校を推薦入試指定校にしたり(全高校を推薦指定校に 2007年1月11日 読売新聞)、立命館アジア太平洋大学のように予備校(早稲田塾)に推薦入試枠を与える事例(予備校に推薦枠 2006年7月5日 読売新聞)も見られる。

従来は私立学校で多く行われており国公立校での実施例のほとんどは大学のものであったが、近年では公立高校などでも増加している。

推薦入試を更に詳しく

ライバルに差をつける大学受験に役立つ勉強法の極意の詳細はこちら

MENU

大学受験とは?

試験方法

センター試験