大学受験に役立つ勉強法の極意

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
お子様の大学受験に心配はありませんか?「信じてるから大丈夫」「うちの子はやればできる」とお考えかも知れませんが、合格に大事なのは、学習時間・記憶力・忍耐力などではなく、正しい勉強法です。これを知らないといくら努力しても結果が付いてこないという悪循環が起こります。

見守る事しかできないのか

ご両親にできるのは『見守る事』だけではありません

これは以前、私が勤めていた塾の生徒、加藤雄介君のお母さんとのやりとりです。

「もう息子に何と声をかけていいのか…」

開口一番、雄介君のお母さんはこうおっしゃられました。

高校1年生の頃から塾には週3日休まず通い、学校から帰宅すればすぐに机に向かう毎日…

そんな勉強一色の生活のおかげか、1年生の間は少しずつ学年順位を伸ばしていきました。

しかし、はじめは少しずつ上がっていた成績も、高校2年の終わりと共にピッタリと止まってしまったそうです。

それ以降、塾を変えても家庭教師を雇っても成績は伸びず…

そして事件は起こりました。

雄介君のお母さんが評判の良い参考書を買い、雄介君にプレゼントした時の話です。

雄介君「何これ?」

お母さん「この参考書良いらしいよ。使ってみたら?」

雄介君「いらねーよ!ふざけんな!」

お母さん「え…どうしたの?」

雄介君「こんなの意味ないんだよ!生まれつき頭悪いんだから!」

お母さん「そんな事ないでしょ…あなたはやればできるんだよ」

雄介君「言われなくても普通にやってるから!でもやってもできてないじゃん!いいからもう放っといてくれ!!」

今まで口答えすらほとんどした事がなかった雄介君の感情の爆発に、お母さんは酷くショックを受けた様子でした。

私 「…わかりました、それでは雄介君と2人でお話させてもらえますか?」

実はこういったケースは非常に多く、全て同じ問題が原因として根元にあります。

それは勉強量に対して知識吸収率が比例しない、という点です。

そしてこのケースにハマり込んでしまう生徒は、全てを完璧にこなそうとしてしまう真面目な性格である場合がほとんどです。

なので私はその翌週の火曜日、雄介君に2時間早く塾に来てもらい、じっくりと2時間いっぱいかけてノウハウを伝えました。

私が東大受験の際に原点に立ち帰り、独自に編み出した勉強法を、ありのままに全て彼に教えたのです。

最初はウンザリした様子で聞いていた雄介君でしたが、いくつかのアドバイスの後から自発的にメモを取る様になりました。

そして積極的に質問を投げかけてくる様になりました。

それもそのはず、私が雄介君に伝えたアドバイスの内容が、学校でも塾でも絶対に習う事ができず、雄介君自身が最も知りたいと思っていたであろう、『勉強の能率を大幅に引き上げる為の勉強法』だったからです。

帰り際雄介君は私にこう言いました。

「先生、何かもう大丈夫です。本当にありがとうございました。」

その後、雄介君がどうなったか…?

もうお話する必要もないでしょう。

この話が一体何を意味しているのかご理解頂けたでしょうか?

実は、長時間勉強するよりも、優秀な講師陣を揃える塾に通うよりも、急激に、そして劇的に学力偏差値をアップさせる方法があります。

しかもその方法は、誰でも簡単に使えてしまいます。

私や雄介君が決して特別な素質の持ち主だったからではありません。

ライバルに差をつける大学受験に役立つ勉強法の極意の詳細はこちら

MENU

大学受験とは?

試験方法

センター試験