大学受験に役立つ勉強法の極意

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
お子様の大学受験に心配はありませんか?「信じてるから大丈夫」「うちの子はやればできる」とお考えかも知れませんが、合格に大事なのは、学習時間・記憶力・忍耐力などではなく、正しい勉強法です。これを知らないといくら努力しても結果が付いてこないという悪循環が起こります。

大学受験とは?(高等学校卒業程度認定試験)

フリー百科事典ウィキペディア『大学入試センター』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/大学入試センター

高等学校卒業程度認定試験(こうとうがっこうそつぎょうていどにんていしけん、英 Certificate for Students Achieving the Proficiency Level of Upper Secondary School Graduates)は、高等学校を卒業していない者等の学習成果を適切に評価し、高等学校を卒業した者と「同等以上の学力」があるかを認定する試験のことである。文部科学省が実施している。一般に高認(こうにん)と呼ばれる。かつては大検(大学入学資格検定)と呼ばれていた。国家試験の一種である。

独立行政法人大学入試センターの歴史

高等学校卒業程度認定試験に合格した場合、以下の効果が発生する。

 1.公的に「高等学校を卒業した者と同等以上の学力がある」とみなされる。
   (高等学校卒業程度認定試験規則第1条)
 2.大学・短期大学・専門学校・公務員試験・国家資格の受験資格を得ることができる。
 3.就職の際、地方自治体・民間企業の一部から高等学校卒業者と同等に扱われることができる。

合格者は高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められるが、高等学校の課程を修了してはいないので、大学に進学しない限り最終学歴は中学校卒業のままになる[2]。『高卒』の学歴が欲しい場合、夜間高校や通信制高校などを卒業するというルートも用意されている。

現在では、合格者に対して高卒と同等の扱いが与えられるようになったことや、受験のチャンスが年2回へと変更されたことなどにより、受験者数が毎年増加する傾向となっている。最後の大学入学資格検定(大検)が行われた平成16年度の時点では、出願者が2万4,960人であった。これに対して、平成20年度に実施された高認試験においては3万3,264人の受験者数があり、受験者は4年間で33%の増加を見せた。

高認試験の試験会場は、各都道府県に一か所ずつ設けられている。東京都など受検者の多いところでは国立大学を使用しているが、他の道府県では公立高校を使用するケースが多い。受検者の少ない県では、県庁会議室などを会場として使用する場合もある。

高認試験の解答はすべてマークシート方式で行われている。40%程度の正答率があれば、高認試験の合格ラインを超えることができる。

高認試験の合格者が大学・短大や専門学校等への進学を希望する場合、学習塾や予備校などで補習することが望ましい。 高認の試験勉強では「最低限の基礎的な知識」を学習するだけなので、大学・短大等の入試問題を解く程度の学力を身につけることができないためである。

履歴書資格欄(学歴欄)記入例(文部科学省推奨) 「平成○○年○○月 高等学校卒業程度認定試験合格」

ライバルに差をつける大学受験に役立つ勉強法の極意の詳細はこちら

MENU

大学受験とは?

試験方法

センター試験