大学受験に役立つ勉強法の極意

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
お子様の大学受験に心配はありませんか?「信じてるから大丈夫」「うちの子はやればできる」とお考えかも知れませんが、合格に大事なのは、学習時間・記憶力・忍耐力などではなく、正しい勉強法です。これを知らないといくら努力しても結果が付いてこないという悪循環が起こります。

センター試験(受験特別措置)

フリー百科事典ウィキペディア『大学入試センター試験』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/大学入試センター試験

疾病・負傷や身体障害等のため、解答方法、試験室、座席、所持品などについて、特別の措置を希望する受験生は、出願時に申請することができる。受験特別措置は申請に基づき審査され、受験可否とともに判断される。個別に「受験特別措置決定通知書」が送付される。

日常生活において使用している補聴器、松葉杖、車椅子等を持ち込む場合は、申請が必要である。

出願後の不慮の事故等で、受験特別措置を申請することもできる。ただし、申請する理由が出願後に発生した場合に限られる。志願者本人又は代理人が、受験票に記載の「問い合わせ大学」に、受験票と医師の診断書(形式任意)を持参、大学にある申請書に必要事項を記入し、申請する。出願時の申請と同様、大学入試センターで審査の上、特別措置が決定する。

特別措置の例

・試験時間の延長(1.3倍、1.5倍)
・試験室を1階に設定
・洋式トイレに近い試験室を設定
・座席を、前列、出入口近く、窓際に設定
・別室での受験
・点字または文字解答用紙の使用
・代筆解答、チェック解答
・拡大文字問題冊子の配布
・照明器具、拡大器具の配置
・手話通訳者、介添者の配置
・監督者の口頭指示を文章で受ける
・リスニング時のヘッドホン貸与
・別室でCDラジカセによるリスニング受験
・リスニング試験の免除

ライバルに差をつける大学受験に役立つ勉強法の極意の詳細はこちら

MENU

大学受験とは?

試験方法

センター試験