大学受験に役立つ勉強法の極意

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
お子様の大学受験に心配はありませんか?「信じてるから大丈夫」「うちの子はやればできる」とお考えかも知れませんが、合格に大事なのは、学習時間・記憶力・忍耐力などではなく、正しい勉強法です。これを知らないといくら努力しても結果が付いてこないという悪循環が起こります。

センター試験(沿革)

フリー百科事典ウィキペディア『大学入試センター試験』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/大学入試センター試験

1988年12月15日:試行テストを実施 センター試験を新たに利用する私立大学のうち、今回の試行テストに参加した大学・学部を受験する当時の高校3年生が受験者(モニター)となり、センター試験の受験予定者(当時の高校2年生)向けのものではなかった。
私立大学の関係者が、どのように試験を実施するのかを確認することに加え、試行テストの成績と実際の入試結果との比較調査を行うためであった。ただし、合否判定の資料にならないよう、成績は翌年4月以降に各大学へ通知された。
試行テストは2日間にわたって実施され、1日目は国語、社会、数学A・数学Bの3教科10科目、2日目は外国語、理科A・理科B・理科Cの2教科8科目がそれぞれ実施された。
共通一次試験との具体的な相違点として、試験にかかる負担の低減と、入試科目の弾力化が挙げられる。具体的には次のとおり。 外国語、国語を100分から80分に短縮。
同様に、それまで100分で行っていた数学をAグループ(「数学I」)とBグループ(「数学II」「工業数理」「簿記会計I・II」)に分割、それぞれ60分とし、さらに「*」印マークを廃止。
理科をAグループ(「物理」「地学」)、Bグループ(「化学」「理科I」)、Cグループ(「生物」)に分割し、大文字アルファベットマークを廃止。

1990年:大学共通一次試験を改称し、第1回大学入試センター試験を実施。
1997年:学習指導要領の改定に伴い、試験内容を一部改定。 外国語に「中国語」を導入。
「国語」を「国語I・II」に事実上の科目名変更、新科目である「国語I」の導入。
社会グループを地理歴史グループと公民グループに分割。 新科目である「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」(以上、地理歴史グループ)をそれぞれ導入。
「倫理、政治・経済」を廃止、「倫理」「政治・経済」に分割(これらに既存の「現代社会」を加え公民グループ)。

数学について,AグループとBグループを①グループと②グループに改称。 新科目である「数学I」「数学I・数学A」をそれぞれ導入(数学①グループ)。
「簿記会計I・II」を「簿記」に変更、新科目である「数学II」「数学II・数学B」「情報関係基礎」を導入(数学②グループ)。

理科について、Aグループ・Bグループを、それぞれ①グループ・②グループに改称(Cグループは廃止)。
新科目である「総合理科」「物理IA」「物理IB」「生物IA」「生物IB」「化学IA」「化学IB」「地学IA」「地学IB」をそれぞれ導入。 (1997・1998年度は旧課程履修者のため、旧「数学I」・旧「数学II」・「理科I」も平行して実施)

1999年:旧「数学I」・旧「数学II」・「理科I」を廃止。
2000年11月22日:国立大学協会が学力の低下を懸念し、それまでほとんどの国公立大学が5教科6科目を試験科目として課していた状況を打開し、5教科7科目を課させることを提言。これに多くの国公立大が従い、最終的は2004年度以降大多数の国公立大が後者の受験科目に移行した。
2002年:外国語に「韓国語」を導入。
2004年:短期大学の利用が開始、「生物IA」「生物IB」を理科①グループから、新設した理科③グループに移行。
2006年:学習指導要領の改定に伴い、試験内容を一部改定。 外国語のうち、英語の選択者の大多数が「英語(筆記)」と、新規に導入された「英語(リスニング)」(配点50点・試験時間30分)の両方の受験が必要となる。
「国語I」を廃止、「国語I・II」を「国語」に事実上の科目名変更。
「簿記」を「簿記・会計」に、「工業数理」を「工業数理基礎」に変更(数学②グループ)。
新科目である「理科総合A」(物理・化学分野)「理科総合B」(生物・地学分野)を導入。
「物理IB」「化学IB」「生物IB」「地学IB」を廃止し、新科目である「物理I」「化学I」「生物I」「地学I」を導入。 (2006年度に限り旧課程履修者のため、「物理IA」「化学IA」「生物IA」「地学IA」「総合理科」も平行して実施)

2007年:「物理IA」「化学IA」「生物IA」「地学IA」「総合理科」を廃止。
2012年:地理歴史と公民を統合し、理科を1グループに統合。統合グループ内で最大2科目まで選択できるように変更。「倫理、政治・経済」を復活。
2016年:「理科総合」「物理I」「化学I」「生物I」「地学I」を廃止し,新たに「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」の8科目を導入し,最大3科目選択可能とする予定。

ライバルに差をつける大学受験に役立つ勉強法の極意の詳細はこちら

MENU

大学受験とは?

試験方法

センター試験