大学受験に役立つ勉強法の極意

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
お子様の大学受験に心配はありませんか?「信じてるから大丈夫」「うちの子はやればできる」とお考えかも知れませんが、合格に大事なのは、学習時間・記憶力・忍耐力などではなく、正しい勉強法です。これを知らないといくら努力しても結果が付いてこないという悪循環が起こります。

センター試験(正式名称)

フリー百科事典ウィキペディア『大学入試センター試験』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/大学入試センター試験

大学入試センター試験(だいがくにゅうしセンターしけん、National Center Test for University Admissions)とは、独立行政法人大学入試センターによって例年1月13日以降の最初の土曜日・日曜日の2日間にわたって行われる日本の大学の共通入学試験である。

国公立大学共通第1次学力試験が大学共通第1次学力試験と改められ、さらに改称し現在に至る。

名称

正式名称は、「大学入学者選抜大学入試センター試験」である。

しかしながら、1992年頃までは、「新共通テスト」(1985年の臨時教育審議会第一次答申中にある最初の由緒正しい名称)、現実に施行されてからは「共通テスト」・「新テスト」の名称が使われ、マスコミでも「共通テスト(大学入試センター試験)」、「新テスト(大学入試センター試験)」などと表記されていた。

当初の略称には「大セン試験」なるものもあった。

受験生の間では「センター」「セ試」で通じる場合が多い。また大学入試の願書等でDNCと記載されることもある。

一般には、1990年1月13・14日以降の大学入試センターによる「大学入学者選抜大学入試センター試験」のみを指して「大学入試センター試験」・「センター試験」と表現する場合が多く、以下本稿でもその趣旨で「大学入試センター試験」・「センター試験」と記載する。

ライバルに差をつける大学受験に役立つ勉強法の極意の詳細はこちら

MENU

大学受験とは?

試験方法

センター試験